中古車の査定基準について

《簡単1分で無料一括査定》すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▼▼▼ココをクリック▼▼▼


簡単1分で入力完了!すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▲▲▲ココをクリック▲▲▲

車を買取や下取りしてもらう際に、査定士に手持ちの中古車の査定を行なってもらいますが、このような
査定はどのような指標で実施しているのでしょうか?

基本的に査定基準については、車両自体の価値だけでなく、装備品、付加的な商品価値の3つから
成り立っています。まず、一番時間の大半を費やすのが車両本体の査定です。
外装面、内装面はもちろん、ブレーキ、エンジン、サスペンションといったありとあらゆる部分を
細かく点検します。
キズや粗があった際には、基準点から減点方式で加味していきます。

次に確認するのが、装備面です。メーカーオプションのサンルーフや、ディーラーオプションの
ディスチャージヘッドランプ、アルミホイールなどといった装備面を加点方式で加味していきます。
そして最後にその車の付加価値について評価していきます。

付加価値とはどういうものかと言うと、仮に年式の割に走行距離が少ない車や、車検の残存期間が長い、
タイヤが磨り減っていないなどといたところがあげられます。
またボディカラーが限定色や人気色だった場合等も付加価値加点の対象になります。

そういう点の付加価値をトータルで加点した結果、最終的な査定金額として車の所有者に提示されるわけです。
この提示額にオーナーが納得して、契約書を作成すれば契約成立となる流れです。



《簡単1分で無料一括査定》すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▼▼▼ココをクリック▼▼▼


簡単1分で入力完了!すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▲▲▲ココをクリック▲▲▲

コメントは受け付けていません。