買取店の方が査定額が高い傾向にある理由

《簡単1分で無料一括査定》すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▼▼▼ココをクリック▼▼▼


簡単1分で入力完了!すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▲▲▲ココをクリック▲▲▲

新車購入のために自分の車を売却する際に、ディーラーにそのまま下取りに出すか、買取専門店に出すかで迷われるかと思います。

それではどちらが査定額が高いかといえば、やはり下取りより買取専門店の方が査定額が上回るケースがほとんどです。

もちろん下取りの場合、新車の値引き事情によって例外的に査定額が上がることもありますが、結局のところ下取りで得をすることは難しいと思われます。


「それではなぜ、買取店の査定が高い傾向にあるのでしょうか?」


その大きな理由は、買取店は大量の車両を中古車市場に流しているからです。

どういうことかというと、それだけ買取専門店の方が中古車販売網を把握しているため、買い取った車を低コストで中古車として売却する術を持っているということが言えます。


当然新車ディーラーにそのような技術も、それを持ち合わせる必要性も全くないのですから、新車ディーラーより買取専門店の方が査定額を高く設定することが可能なのです。

実際に下取りと買取査定額で20万以上の差が出るようなことも実際にはあります。


もしディーラーによる下取り額と、買取専門店による査定額がほとんど同じだった場合は、新車ディーラーに下取りに出すほうが、手間とコストが省けるので効率的ですのでそのまま下取りに出した方が良い場合もあります。


もし気になる方は、下記のサイトであなたの愛車の概算査定を無料で調べることができますので、下取り額と比べてみるのも良いかも知れませんよ!


《簡単1分で無料一括査定》すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▼▼▼ココをクリック▼▼▼


簡単1分で入力完了!すぐに愛車の最高価格額が分かる♪
あなたの愛車を最高で売却するなら
▲▲▲ココをクリック▲▲▲

コメントは受け付けていません。